中高年転職の現実!

中高年の転職と言うと、イメージからしてかなり厳しいと言う感じがします。事実、少子化で労働力が減少していると言われている中でも中高年の転職は厳しいと言われています。ハローワークや求人サイトには、たくさんの企業が求人募集を出しているにもかかわらず、中高年転職向けとしては、応募可能な求人情報が少ないのです
。ハローワークに毎日出かけ、求人募集をみている中高年の人が多いですが、口をそろえておっしゃるのは、「求人数は多いけど、採用条件に満たない。」ということです。書類審査で不採用になる。圧倒的に多い中高年転職の壁ですね。どの位の年齢から中高年と言うかは、35歳を過ぎた頃から転職は厳しくなるといわれるので、40歳手前ごろからと認識してよいのではないでしょうか?特に40歳を超えると極端に求人募集が少なくなり、転職・再就職が厳しくなる状況です。
仮にうまく中高年の転職に成功しても、賃金の面では現役時代の何分の一というくらいの水準になってしまうのが現実です。中高年で転職・再就職がうまくいかない理由のひとつに、現役時代の思いから、自分の希望条件の意識が強く、中高年の求人状況の実態をよく理解していないところがあります。中高年の転職を成功させるコツは、自分の希望条件を絞り込んで、優先順位をつけ、高望みをしないで求職活動をすることですね。

中高年で転職を思い立ったら!

中高年の転職の悩みというものは人それぞれに理由があります。バブル以降の合理化や人員削減で一人当たりの労働量は増えているとも言われます。特に中高年の方にとっては何かの理由で肩たたきや合理化の対象になりやすく自分のスキルもあげられず、人間関係に悩み、転職したくても出来ないジレンマがあるのが現状だと思います。家族がいれば、余計に中高年転職には踏ん切りがつかないケースも多いでしょうし、個人個人様々な理由があるかと思います。
自分のスキルをあげたくても今の会社ではそれが出来ないといった理由、給与や待遇面でもっとレベルアップを図りたいという理由、人間関係が嫌で転職をしたいという理由など千差万別です。家族がいる場合なら特に転職に関する悩みというものは、深刻な問題になってくるでしょう。30代、40代といった年齢から転職を考える場合なら、余計転職に対して慎重にならざるを得ませんね。
正社員としての求人募集には、大学の新卒者でさえ求人率が低い今、転職・再就職ともなると求人の幅は大幅に狭くなってきて、ましてや中高年転職となると、景気は回復していると言われても逆に厳しくなっている状態すらあります。中高年で転職を考えるなら、こういった厳しい状況もよく理解して決心しない、と退職した後で後悔することにもなりかねません。

中高年転職に成功するコツ!

中高年の転職・再就職で誰でも希望するのが正社員ですが、採用する企業側からすると、人事面や処遇の点から正社員としての雇用は極めて難しいのが一般的です。中高年の方が転職・再就職に成功する早道としては、契約社員として、自分がこれまで積み重ねてきたスキルを活かすのも選択肢になると思います。即戦力を希望する企業からしたら、中高年の転職でも、明日から即戦力を期待されたり、これまでの実務経験を活かすことを期待されることが多いようです。
従って、中高年では異業種に転職・再就職するのはかなり困難な状況です。どう業種であれば、時間と費用をかけて育てるよりも、経験を活かして中高年の方に任せたほうがはるかに特になるので、採用されやすくなりますね。中高年に限らず、若い人でも転職・再就職する場合の情報の入手先は、ハローワーク、インターネット、就職情報誌、新聞、就職エージェントだと思いますが、これらから得られる情報は限られたものが多いのも現実で、入社してみて、条件が違ったと言うことをよく耳にします。
特に中高年転職では入社条件が厳しい中入社したものの、入社してからこんなはずではと短期間で退職していく人も多いようです。中高年転職・再就職に効果があるのは親しい人からの紹介があるようです。転職・再就職の紹介となると、転職側も受け入れ側も紹介する人が信用の置ける人なら安心することが出来ます。

Copyright © 2008 中高年転職 中高年パワーはまだまだ衰えません!