対人恐怖症には若い女性が?

対人恐怖症という言葉をよく聞かれませんか。最近の職場にはパワーハラスメントやセクハラなど様々なストレスがたまる要因が沢山あります。対人恐怖症は気が小さく、神経質で、ちょっとしたものにも怖がる恐怖心を持った性格の人がなりやすいといわれています。対人恐怖症は、子供時代に母親からなかなか独立できなかったり、人見知りであったりした人やあがり症の人もなりやすいんですね。
対人恐怖症は子供の頃の体験からなるものも多く、先生からしかられたり、友達がしかられるのを見て、人前に立つのが怖くなったり、しゃべれなくなったりするんです。対人恐怖症になる人は20代から30代の女性が一番で男性の2倍ほどにもなるんですね。対人恐怖症という病気の前兆は、10代後半から20代前半で色々発症するようですが、対人恐怖症が生活に支障をきたすほど重くなり、実際に病院で治療を受けるのは20代から30代の間らしいです。
女性は神経が細やかな人が多く、職場、結婚、学校行事など社会活動が多くなり、その中で人間関係に悩み、対人恐怖症になる人も多いんですね。対人恐怖症は社会不安障害という言葉で呼ばれて注目を浴びてきました。人前で不安になること、恐れを抱くいわゆる社会不安が過剰になると苦痛や悩みが大きくなり、社会不安障害・対人恐怖症になってしまうのです。

対人恐怖症のチェック、診断

対人恐怖症の症状チェックには、激しい動悸や息苦しさ、大量の発汗、手足の震えなどがあります。対人恐怖症の人は「人からへんな風に見られていないか」「恥をかくかも知れない」「人前で何か失敗をするのではないか」などという心配を常にしているといいます。対人恐怖症にはは自律神経が過敏で不安定な人がなりやすいといわれます。
対人恐怖症の診断は脳からでるドーパミンとセロトニンの脳内物質が大きく関係しているとされますが、はっきりとしたことは分かっていないんですね。あがり症の人なども対人恐怖症になりやすいようです。対人恐怖症は赤ちゃんの頃から人見知りが強かったり、母親から離れられると不安になりぐずってしまういわゆる分離不安が強飼ったという人に多く発症するんですね。
子供の頃から親に厳しくしかられて育ったり、幼稚園などで友人が先生にしかられるのを見て恐怖心がつのった結果、対人恐怖症になったという人が多いのです。それに加えて、性格が潔癖症で、神経質な人は余計に対人恐怖症になりやすいとされています。子供の頃の恐怖体験が対人恐怖症となって出てくる確率が高いのです。対人恐怖症には色々な場面で恐怖心が出る全般型と、特定の場面だけで緊張する限局性のものがあります。特に全般型の対人恐怖症は遺伝性もあるようなんです。

対人恐怖症の治療

対人恐怖症は的確な治療を受けることで治りやすい病気だといわれています。早期診断、早期治療で対人恐怖症を克服することが大事です。自分でも対人恐怖症チェックをして、速く回復するよう努力することで随分と違ってきます。◆職場や人とであったら先ず自分から大きな声で挨拶をするよう心がけるようにすると、相手も和やかになりその場の雰囲気がよくなります。あがり症の人も挨拶の効果が大きいです。
◆対人恐怖症にならないぞと毎日鏡を見て、顔の表情を変える訓練をします。いわゆる百面相をして、対人恐怖症診断で判断される筋肉の緊張感をなくすわけです。◆対人恐怖症にならないためには常にリラックスする努力が必要です。緊張しそうなときには、瞬間的に体に力を入れ、腹式呼吸でフッと息を吐くようにするとリラックス感が出ます。全身の力を抜いてダラッとした感じで息を長く吐き出すんですね。
◆対人恐怖症にならない、対人恐怖症治療に注目されているのがアロマテラピーです。アロマテラピーの精油の香りはリラックス感を与えてくれるものが多く、不安なときはアロマをティッシュがハンカチに一滴含ませて香りをかぐことも効果があるようです。アロマテラピーでは特にローズの香りは抗不安作用が確認されており、鎮静作用のあるラベンダーも対人恐怖症治療に有効なようです。

Copyright © 2008 対人 恐怖症 診断は早めに受けて効果的な治療を! プライバシーポリシー