結婚式祝電(電報)の送り方

結婚式祝電をいざ打つとなるとあれこれ迷うことはありませんか?結婚式祝電(電報)の文例(例文集)や結婚式祝電(電報)の送り方にもマナーがあります。日頃は結婚式に関するマナーに疎くても、実際、結婚式祝電(電報)を打つときは恥をかかないためにも、マナーに則って送る必要があります。
結婚式祝電(電報)は、NTT電話だけでなく、インターネットからも打電することができます。NTTは全国で受け付け、配達をしてくれます。19時までに結婚式祝電(電報)を申し込むと、即日配達をしてくれるので、何といっても頼りになるNTTですね。御祝い電報には電文の他に電文を収めるカラフルな表紙がいっぱいありますね。電文以上の値段のする魅力的な表紙も沢山。結婚式祝電(電報)一通で5,6千円かかったことがあります。最近人気なのに、祝電のぬいぐるみカードというのがあるんですね。
結婚式の御祝いメッセージを運ぶものです。結婚式祝電(電報)では、特に新婦を意識した、可愛いピーターラビットとかスヌーピーをあしらったハート電報というのもあるようです。結婚式祝電(電報)の文章をどうしようと迷うこともあります。こんな時は、結婚式祝電文例・例文・れい・送り方・NTT・文章などとネット上で検索すれば沢山出てくるので参考にされるとよいでしょう。

結婚式祝電(電報)の文例

結婚式祝電(電報)はどういうときに打つかというと、結婚式披露宴に出席したいけど、都合でどうしても出席できないけど、どうしてもお祝いの気持ちを新郎新婦に伝えたいというときに結婚式祝電(電報)を利用します。結婚式祝電(電報)は直接会えない代わりに言葉でのお祝いを届けてくれます。それだけに、お祝いの文章などは形として残るので、祝福の言葉や文章などの結婚式のマナーに気をつける必要があります。
結婚式のお祝いの祝電(電報)には忌み嫌う禁句があるので、気をつけなければなりません。結婚式祝電(電報)の文例はNTTでも準備してくれているのでこれを使ってもよいです。NTTが用意してくれた結婚式祝電(電報)の文例には、禁句などは入っていないので安心して利用できますが、一生に一度の折角の結婚式です。オリジナルの結婚式お祝い電報(祝電)にしたいですよね。
結婚式祝電(電報)の宛名は結婚する本人名で、新婦のように性が代わる時でも旧姓で出すのが一般的です。結婚式祝電(電報)は、NTTの支店、営業所の窓口で直接申し込むか、NTT電話の局番無し、115で申し込むことができます。結婚式祝電(電報)が115で申し込めるというのを普段から知っている人は案外少ないんじゃないでしょうか?結婚式祝電(電報)は携帯ではDoCoMoからしか申し込みができないんですね。ご存知でした?

結婚式祝電(電報)の料金

結婚式祝電の文例も本やインターネットでも紹介されています。NTTの電話帳でも紹介されていますが、いざ結婚式祝電(電報)を打つ段階なると悩みますよね。オリジナルの結婚式祝電(電報)の文章を考えるけど、なかなか名文が浮かばず、結局はNTT電話帳の文例を使ったという経験はありませんか?
結婚式祝電(電報)は次数によって料金が設定されています。文章が長くなるとそれだけ料金もかかってしまいます。短すぎる結婚式祝電(電報)も料金をケチったような感じなので、本当に迷いますよね。結婚式祝電(電報)は「メッセージの文字数+表紙(台紙)」が基本的な電報の料金になります。祝電メッセージの文字数25字までは660円で、以降、5字増えるごとに90円ずつ加算されていきます。結婚式祝電(電報)は「慶弔扱い」のオプションで表紙(台紙)も特別になるので、通常の電報基本料金25字まで440円よりも高くなります。
結婚式祝電(電報)は配達日の3日前までに申し込むと150円の割引があります。祝電文例も色々あります。ご結婚おめでとうございます。(14文字)お二人の前途を祝し、併せてご多幸とご発展をお祈りします。(28文字)などは、NTT電話帳などでも紹介された、ごくありふれた文例ですが、新しい門出への結婚式祝電(電報)なので、できればオリジナルの文章にしたいですね。

Copyright © 2008 結婚 式 祝電はマナーにのっとったすばらしいものに! プライバシーポリシー