福祉資格とは

福祉資格をとって、将来の安定を図ろうという人が増えています。福祉資格を取りたい希望者が増えた理由として、バブル崩壊後、企業側が正社員を減らし安い賃金で働きすぐに解雇出来る身分の不安定なバイトなどを増やしたことが原因に上げられます。福祉資格は最近注目を集め、取得する人が増えているのですが、まだまだ人員が不足しているのが実情だとされています。高齢者の介護施設などは仕事の内容がハードで夜勤もある所も多いのですが、人のために役にも立てるやりがいのある仕事です。
福祉資格を取って働いてくれる人がいるからこそ、高齢化社会に対応していけると思いませんか?高齢者社会になり、介護福祉の世界は今一番人材が不足しているといわれます。福祉資格には国家資格、民間資格、公的資格、任用資格があり、難易度もそれぞれです。福祉資格でも、国家資格は国が法律に基づき認定するもので、取得するには国家試験の合格が必須です。
福祉資格のなかの公的資格とは、公益法人や民間団体が実施しているもので、文部科学省や経済産業省などの官庁や大臣が認定して福祉資格が取得できる仕事です。民間資格は、民間の団体や企業が独自の審査基準を設けて認定する資格です。福祉資格の任用資格とは、公務員として採用された後に特定の仕事につくために必要とされる資格のことです。

精神保健福祉士の内容と受験資格

精神保健福祉士という福祉資格は国家試験を受けて取得できるもので、1977年に誕生しました。精神保健福祉士はソーシャルワーカーのことで、精神病院や医療機関で精神に障害を持つ方の社会復帰を相談援助する人のことです。精神保健福祉士は、精神障害者の福祉や保健に関する専門知識や技術を身につけて、患者さんが入退院に関する相談に応じたり、日常生活に必要なトレーニングや支援活動を通して、訓練や指導をしていく仕事なんです。
精神保健福祉士の資格を取得すると、精神保健福祉センターや精神病院などの社会復帰施設が勤務先となるのが多いのです。福祉資格の精神保健福祉士が受験できる場所は、北海道、宮城、東京、愛知、大阪、広島、福岡になっており、精神保健福祉士の受験料は1万1,500円でした。試験の内容は多肢選択式で精神医学や精神保健福祉論、公的扶助論などの学科試験での選抜になります。
国家資格の福祉資格の精神保健福祉士は合格率が60パーセントくらいと難しいんですね。福祉資格のひとつである精神保健福祉士の受験資格は、4年制大学で指定の科目を修めて卒業した者や、精神介護福祉士養成施設で6ヶ月以上必要な知識と技術を学んだ者など色々あります。福祉資格試験実施団体である(財)社会福祉進行試験センターに問い合わせするとより詳しく知ることができます。

介護福祉士の内容と受験資格

介護福祉士は福祉資格の介護資格としては唯一の国家資格です。大学や短大など国が指定した養成施設を卒業すると、介護福祉士の国家試験は免除されます。介護福祉士は、介護福祉関連の法整備で、1987年に誕生した社会福祉の資格です。介護福祉士の資格を取得することが出来れば、まず就職に困ることがないといわれている資格でもあり、受験者も増えているんですね。
高齢化社会で介護福祉士の数はまだ少ないとされています。福祉資格のひとつである介護福祉士の試験科目は、医学一般、社会福祉概論、精神保健、リハビリテーション論、老人福祉論、家政学概論などの13科目で、マークシート方式の筆記試験が実施されます。介護福祉士の実技試験に薦めるのは筆記試験に合格できた人だけです。介護に関する専門的技能の実技試験となりますが、介護福祉士の資格取得期間は2年以上なんですね。
介護福祉士の試験合格率は、40パーセントほどと低いですが、しっかり勉強をすれば一回で合格出来る試験ではあります。受験費用は1万3,300円で、北海道、、石川県、大阪府、東京都、愛知県、香川県、福岡県、鹿児島県、沖縄県などで試験を受けることが出来ます。介護福祉士の受験資格は、高校の福祉課で単位を取得した卒業者や3年以上の介護実務経験がある方にに限られます。

Copyright © 2008 福祉資格を取得して生活の安定を! プライバシーポリシー