あさひ美容外科の魅力

あさひ美容外科は京阪神と岡山県で美容外科を展開しています。あさひ美容外科CMとして有名で、ワキガ・多汗症には独自の治療方法もあって人気があります。あさひ美容外科は「小国クリニック」して1989年に開院しており、テレビCMの効果もあって、美容整形外科としては広く知られています。
美容整形外科としては異様とも思える奇抜なCMを大量に流し、その名を知らしめたとも言えます。あさひ美容外科のCMは朝日放送、読売テレビ、毎日放送、サンテレビなどでスポットを流しており、朝から夜までどこかで見かけるという、見事なCM戦略を展開しているのが特徴です。あさひ医療外科の診療科目は美容外科、形成外科、婦人科形成の診療科目があり、ワキガ、多汗症、二重あご、若返り(アンチエイジング)、豊胸、レーザー脱毛など、美容に関する女性の悩み全に応えられる位の充実した施設と医療技術を備えていると言われます
。あさひ美容外科の口コミ情報では、ワキガと多汗症治療やレーザー脱毛の効果には定評があるようです。あさひ美容外科の入院しない「あさひ式豊胸術」という豊胸手術も評判がいいです。女性にとってバランスのよい魅力的なバストは永遠の願いですよね。豊胸手術にかかる時間は1時間半くらいで、その日のうちに帰宅できるのは魅力です。

ワキガと多汗症の関係

ワキガと多汗症の治療には定評のあるあさひ美容外科ですが、そもそもワキガと多汗症はどういう関係にあるのでしょうか。ワキガと多汗症は同じではありませんが、ワキガの人で多汗症に悩んでいる人は多いと言われます。多汗症は、よく言われる汗かきで、暑い状態でなくても、運動をしたわけでもないのに、大量の汗をかくことです。
多汗症の主な原因としてエクリン汗腺の能動汗腺が多いこととされます。汗を出すエクリン腺は体の一部を除き、ほぼ全体に分布しており、実際に汗を出している能動汗腺はそのうちの半分くらいのようです。多汗症には体の一部に大量の汗をかく局所性多汗症を大量の汗を全身にかく全身多汗症とがあります。一方、ワキガはアポクリン汗と呼ばれる汗に含まれる成分が、毛穴や皮膚の表面に生息する雑菌によって分解されて、発生する特殊なニオイのことを指します。
あさひ美容外科では「あさひ式皮下組織剥離法」という独自の施術で、ワキガや多汗症の原因となるすべての組織を、一度の手術で除去するんですね。あさひ美容外科のワキガ、多汗症治療は超音波法や吸引法と違い、数年後に再発してしまう可能性もないようで、ワキガの臭いは1回の手術で完全になくなり、80%以上も汗の量が少なくなるというから驚きです。

レーザー脱毛の効果

レーザー脱毛といえば、女性のわき毛、むだ毛の治療方法として一番多く採用とされている脱毛方法です。あさひ美容外科でも毛の脱毛を医療レーザー脱毛として行っているようです。レーザー脱毛は、黒い色素だけに集中すると言われる特殊なレーザー光線を患部に照射して、皮膚にダメージを与えることなく、毛根と毛包を焼き尽くして永久脱毛をする方法です。毛根にあるメラニン色素だけを熱で破壊して脱毛するのが医療レーザー脱毛といわれています。
医療レーザー脱毛には3つの特徴があります。第一に医療レーザー脱毛は針を使わないので、エイズや肝炎の感染の心配もなく安心です。レーザー脱毛で毛根を破壊するので、毛穴が目立たなくなって、肌もすべすべするようになり、くすみも改善されるんですね。レーザー脱毛はワキガの原因になるアポクリン腺にも作用するのでワキガにも効果があるようです。
第二にレーザー脱毛は電気針脱毛のような時間を必要とせず、短時間で脱毛できるところが魅力です。両脇の脱毛なら5,6分で脱毛が可能と言われます。また、電気針脱毛に比べレーザー脱毛は費用も安あがりのようです。第三に痛くないというのもレーザー脱毛の特徴です。針脱毛はかなりの痛みを伴うと言われ、レーザー脱毛法の普及によって脱毛がとても簡単にできるようになりました。

Copyright © 2008 あさひ 美容外科でワキガ・多汗症を治す! プライバシーポリシー