青汁三昧とは?

青汁三昧と聞くと、青汁がドロドロとしていかにも苦いと言うイメージがありませんか?青汁といえば、1種類の野菜をそのまま搾った100%の野菜ジュースを思い浮かべますが、青汁三昧は大麦若葉やケール、ゴーヤという青汁の原料としては有名なものを使用しているところに特徴があります。
青汁はにがい、誰でも思いますよね。ところが青汁三昧は製法にこだわって、青汁独特の苦味やクセを除去し、飲みやすくし、さらにおいしくしており、青汁の「にが〜い」と言うイメージを取り払ったのです。日本人の食生活が欧米化したと言われて久しいですが、肉の摂取量が増えて、野菜の摂取量は減ってきているのですね。
野菜は健康維持には不可欠な食材です。特に緑黄色野菜は生活習慣病対策としても欠かせないですね。日常の食生活で野菜が不足しがちな人にピッタリなのが青汁三昧です。大麦若葉、ケール、ゴーヤという青汁の3大原料を使った青汁三昧は正に野菜不足を補ってくれる救世主とでも言いましょうか。
「自分は野菜を沢山食べているから大丈夫」と言う方もいらっしゃると思いますが、野菜の栄養価が昔より随分減少しているとも言われています。栄養価の高い野菜を食べないと意味がないんですね。青汁三昧は栄養価の高い青汁の3大原料を使って大量の野菜を食べたのと同じ栄養価が摂取できるのです。

青汁三昧の人気の秘密!

青汁三昧はTVなどでも宣伝されて人気の商品です。青汁としては1種類の原料で作って販売されているものが多い中、青汁三昧は3種類の原料を混合して作っているところが人気の秘密ではないでしょうか。1種類だけの原料だといかに青汁でもある栄養価は高いけど、不足しているものもあると言う具合で、青汁三昧は3種類の原料を使うことで、栄養バランスをとっているのです。
青汁三昧が使用している原料の大麦若葉は食物繊維が豊富で、ケールはベータカロチンが、またゴーヤはビタミンCなどがたっぷり含まれています。これらの3大原料の栄養素を取り込むことで青汁三昧は1種類の原料では足りないところを補っているんですね。青汁三昧は、特に野菜不足だと感じている人は1日2包を、野菜を普通に食べている人でも1日1包を飲めば、野菜不足を解消できるとされています。
青汁三昧は毎日続けて飲んでもらうための工夫が色々されています。味だけでなく、飲みやすさも工夫されています。粉末タイプでスティック状になっており、携帯にも便利で、水さえあればどこでも飲めます。冷凍や冷蔵の必要もないのがいいですね。青汁三昧は価格もリーズナブルになっており、とても買いやすいので継続しやすいです。青汁三昧と同等の栄養素を野菜からとろうとしたら、それこそ青汁三昧の価格の数倍になってしまうのではないでしょうか?

青汁が普及した理由とは?

青汁はもともとケールなどの緑黄色野菜を搾ったジュースとして知られるようになりました。今では健康食品の定番となっており、持ち運びや保存がしやすい粉末で販売されているのが殆どです。青汁はキューサイがケールを原料に商品化し、俳優の八名信夫氏のあの「まず〜い、もう一杯」というCMで一躍有名になりました。
健康志向が高まった時期でもあり、マズイことが逆に純粋な青汁で健康に役立つと言うイメージも与えました。また、青汁はまずさゆえ、バラエティー番組の罰ゲームでも盛んに取り入れられ、全国的な消費拡大もされていきました。最近では、青汁の原料もケールから始まって、大麦の若葉、ゴーヤ、明日葉、桑の葉などさまざまな青汁の原料を使って、栄養バランスをとった商品も多くなっています。
にがい青汁から飲みやすい青汁になって消費の拡大を図っているんですね。青汁の販売メーカーもキューサイ、アサヒ緑健、やずや、ファンケル、サントリーなど、今では10社以上が青汁の商品を販売しています。健康に良い青汁ではありますが、青汁がここまで有名になったのはテレビでの紹介の影響が大きいですね。「笑っていいとも!」や「脳内エステIQサプリ」などで罰ゲームとして使われたのも抜群のCM効果がありました。また、青汁は、プロ野球界では屈指の青汁好きで通るダルビッシュ投手が愛飲していることでも知られています。

Copyright © 2008 青汁 三昧 これはおいしい青汁、もう一杯!はまず〜いから進化しておいしいになりました。しかも、栄養バランスもパワーアップ!これで野菜不足解消!